交通事故で多い原因って?交通事故を防ぐポイントも紹介

運転中、ちょっと気を緩めた瞬間に危ない目にあって冷や汗をかいた、なんて経験がある人はいませんか?運転は楽しめるものであると同時に、常に危険と隣り合わせであることも忘れてはいけません。そこで今回は、交通事故の原因と交通事故を防ぐポイントについてまとめました。

記事を参考に自分の運転を今一度振り返ってみて、これからの安全運転に役立ててくださいね。

安全の確認が不十分である

多くの事故原因になっているのが安全の不確認です。いわゆる「よく見ていない」ことです。一時停止線で止まらなかったり、右折・左折の際に対向車や後方の確認が不十分であるのに発進してしまったりすることが原因になります。

特に、交差点で多く発生する事故ですので注意しましょう。

脇見運転をしてしまった

スマートフォンやカーナビの操作、外の景色や看板を見ていた、そして下に落ちたものを拾おうとしたなどが脇見運転に当たります。事故が起こるときは一瞬です。少しの時間だから大丈夫だと思わずに、安全な場所に停止してから作業をしましょう。

運転操作を誤った

ハンドル操作を誤ってしまった、ブレーキとアクセルを踏み間違てしまったなどの操作ミスも車の事故の原因としてよく聞かれます。例えば、駐車場の出入庫の際に、ブレーキを踏んだと思ったはずがアクセルを踏んでしまい、建物に突っ込んでしまったという事故が起きています。

車種の違いや、MT車・AT車の違いによって、同じ操作でも違う動きをすることがあります。とっさの判断で大きなミスをしないためにも、普段乗り慣れない車に乗っているときこそ、いつもより注意深く運転に集中しましょう。

ぼーっとしてしまった

運転中にぼんやりしてしまったことが原因で事故になるケースが多くあります。同乗者との会話に夢中になったり、うとうとしてしまったり、ぼんやり考えごとをしていたり、身に覚えがある人もいるでしょう。しかし、走行中にぼーっとしていると、思ったよりもスピードが出てしまうことが多いので大変危険です。

長く運転していると集中が途切れてしまうことがありますが、そんなときは、安全な場所に停止して休憩するようにしましょう。

歩行者に気付かなかった

交差点や、信号機のない横断歩道で事故は多く発生しています。交差点への無理な侵入は避けましょう。道路を横断しようとしている人は車より優先です。常に歩行者優先の気持ちを忘れず、歩行者の動向に注意しながら安全運転を心がけてください。

信号無視をしてしまった

黄信号や赤信号に変わってすぐなら進んでも大丈夫だろう、と信号無視をしてしまうことが事故の元になります。まず、無理に交差点に侵入するのは避けると心がけてください。そして、黄信号でも常に停車できる速度で走行することが大切です。

交通事故を防ぐには

交通事故の多くの原因を紹介してきましたが、どれも、運転者の意識を変えるだけで防ぐことができます。

そこで、交通事故を未然に防ぐためのポイントをいくつか挙げたのでぜひチェックしてください。車は便利で楽しい乗り物です。

歩行者優先、安全第一という基本を守って、快適なカーライフを楽しみましょう。

合わせて読む:交通事故で肋骨骨折!慰謝料の妥当な金額とは

時間に余裕を持って行動する

時間に余裕がなくて気持ちが焦っていると、スピードを出したり、黄信号で無理な通過をしたりすることに繋がってしまいます。反対に、時間に余裕を持って出発することで心に余裕が生まれます。結果、前後左右の安全を十分に確認することができ、事故の確率も大幅に下がります。

焦ってスピードを出しすぎていると、万が一衝突などの事故が発生した際にも、より大きなダメージとなる可能性が高いです。

車間距離を十分にとる

前を走る車が突然減速したり、停止や進路変更を行なったりする可能性があります。そうした一瞬の変化にスムーズに対応するには、車間距離を十分にとっておくしか対策はありません。自分が安全運転を心がけていても、他の運転者がどんな運転をするかまでは分かりませんよね。

他の運転者の危険な行動に巻き込まれないためにも、できる対策は十分にしておきましょう。

できるだけ運転に集中する

運転中のメールやカーナビの操作、片手を使った電話の通話、飲食などは、大変危険な行動なのでやめましょう。注意が散漫になってしまい、スピードの超過や一時停止の無視などの可能性が考えられます。長時間の運転で疲れが出たり、集中が途切れてきたなと感じたりしたときは、迷わず休憩をとることをおすすめします。

遠くの景色を見て目を休めたり、身体を少し動かしたり、リフレッシュを心がけましょう。運転中の不注意は事故の大きな原因です。運転に集中できる環境や状況を自分で作る工夫が必要になります。

慣れた道を変えてみる

通い慣れた道は、どうしてもつまらなく感じてしまうことがあります。

そんなとき、もしも時間的な余裕があるのなら、いつもとは違う道を通ってみるのも一つの手です。運転中に退屈すると注意力が鈍ってしまい、危険な運転に繋がります。

新たなルートを新鮮な気持ちで運転してみてはいかがでしょうか。

定期的なメンテナンスと日頃のチェックを忘れずに

メンテナンスをしっかり行い、車の状態をベストに保っておくことも事故を防ぐためには大切です。どれだけ安全運転を心がけていても、車が故障してしまっては元も子もありません。道路上で立ち往生して後続車に追突されるなど、衝突事故に繋がる危険性があります。

そんな不測の事態を防ぐためには、日ごろのメンテナンスがとても重要になります。ブレーキのきき具合やタイヤの空気圧は正常ですか?エンジンオイルや冷却水などの液体が漏れていませんか?ランプ類の点灯も問題ありませんか?特に不具合がないからといってチェックを怠らないよう、定期的な点検と整備を心がけましょう。

また、エンジンのメンテナンスも忘れずに行ってください。エンジンをかけているだけで、バッテリーやオイルは劣化していきます。ベルトも摩耗していきます。さらに、走行していればタイヤやブレーキ部品などは摩耗や損傷をしていくものですが、実は走らなくても、時間が経つことで劣化したり、温度変化の影響を受けたりしています。

そのため、消耗品の点検も忘れずに行っておくと安心です。こまめな点検が車の状態を良く保つ秘訣ですから、過信することなく、常に車の状態を気にかけておきましょう。その他にも、バッテリーがあがってしまったとき、タイヤがパンクしてしまったときなど、交通事故や何らかのトラブルにあった際の手順は把握していますか?連絡先やトラブル後の行動についても頭に入れておくと、いざというときに慌てずに行動することができます。

事故への対応も万全にして安全運転をしましょう。

参考⇒交通事故無料弁護士:弁護士法人アディーレ法律事務所 … https://www.ko2jiko.com/